英坊通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 衆生所遊楽

<<   作成日時 : 2013/04/26 06:45  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



人は何のために生まれてきたのか――戸田城聖第2代会長は、明快に答えた。「この世の中は、遊ぶために生まれてきた所なのです。ゆえに『衆生所遊楽』というのです。われわれは楽しんで暮らさなければならない」(『戸田城聖全集』)

 法華経には、「衆生の遊楽する所」(寿量品)と説かれ、苦悩と無常の現実社会こそ、妙法を持つ衆生の最高の遊楽の場所であるとしている。

 誰もが悠々と人生を“遊び楽しむ”力を持っている。幸福になるために、我らは生まれた。どんな苦難も断じて勝ち越えゆく力――その偉大な“生命の力”を引き出すための「信心」である。

 信心が深まるほど、その豊かな力は湧き上がる。では、信心を深めるためには何が必要か――。

 行動であり、実践だ。教学を学ぶことだ。そして御書に仰せの通りに、広布を開く師匠と共に、難と戦い抜くことだ。

 「池田先生がどれほど会員を大切にされているか。自分も続いていきたい」「大誠実で一人一人を激励する姿に、私も一歩も退かず挑戦しようと思います」――「大白蓮華」の連載企画に寄せられた反響の一部である。

 同企画に一貫してつづられているのは、池田名誉会長の慈愛あふれる行動である。生活苦や病苦、仕事、夫婦、親子の問題、さらには、どうしたら仏法を語り広げていけるか……ありのままに悩みを打ち明ける会員に、名誉会長は、抱きかかえるように温かく、時には惰弱な性根を打ち破るように力強く、指導し、元気にする。苦しんでいる人はいないか、行き詰まっているところはないか、名誉会長は、細心の注意で探し出し、そこへ急行して光を当て、励ましを送る。

 常に生き生きと脈打つのは、「一人」を徹して大切にする心である。これこそ“創価の魂”にほかならない。

 名誉会長は語っている。

 「信心を深めることは難しい。そのために仏法には『師弟』がある。師弟の道を貫く現実の行動によって、妙法への信が深まっていくのである」

 最も大変な所へ! 自ら友のもとへ! この師匠の行動に続くなかで、信心は深まる。どんな苦難の荒波も、ものともしない自分になる。そして、この世に生を受けて果たすべき使命の道が開けていく――。「大白蓮華」の連載企画は、人生勝利の羅針盤といえよう。



SEIKYO online
http://www.seikyoonline.jp/news/editorial/2013/04/1207232_4357.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽天で探す
楽天市場





衆生所遊楽 英坊通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる