子ぎつねヘレン




愛と感動の物語!
みゆき嬢が「映画見て泣きたい」系の事いうので、コレをチョイスしてみたワケ…なんですが、

HHは泣きませんでした。
みゆき嬢も泣きませんでした。

なんていうか、途中の安っぽいCGや合成とかのせいか?
コレを使う事により、現実味が薄れる訳ですよ、こういう映画の場合…
最後の最後で「実際にあった話を元に…」って、コレが無かったら駄作もいいところなのでは?っと思ってしまったのはHHだけ!?

HHはまったく予備知識無しでこの映画を見たので、序盤の合成のせいで「ファンタジー」ものだと思い、感動させようとして作ってる映画なのかと思いながら見てました。
最初から「実話が元」だと知っていれば見方が変わったかも知れません…
冒頭の合成で台無しになった感じが強いです。

あと、もう少し太一とヘレンの絡みのシーンが欲しかったかな…
なんか弱ってるところを連れ回すイメージしか無かったので、もう少し「ヘレンは太一に面倒見られて幸せでした」みたいな描写があれば、その分だけ感動も増したのでは?っと。

感じ方は人それぞれだと思いますが、HH的には演出的に残念な所多かったです…
「実際にあった話を映画にする」&「家族・子供向けに」ってなるとやっぱ難しすぎてこうなってしまうのかなぁ、っと。
でも、子供向けにしては説明的な台詞は少なく、解らない人にはとことん何がなんだかわからないかと…

予告編に頭からケツまでのいいところ全部入れちゃうのはどうかと…
また、本編を見た後にそれ(予告編)以外のところがあまり印象に残ってないのはどうなのかな…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック