チャーリーとチョコレート工場





今日は「チャーリーとチョコレート工場」を観てみました。

いつもの事ながら、先入観・予備知識共にまったく無い状態で観たんですが、ここまで頭使わないコメディ映画だと気楽でいいですね。先の展開が予測不能な感じで。
ウンパ・ルンパがいい味出してますねw

子役達の演技もなかなかのモノで流石は洋画w
外国人は表現力が豊かですねぇ…
日本人は表情筋あんまし使わないイメージあるしな(※偏見です)

ファンタジックでどこか不気味な感じの面白くもつまらなくもない、テンポのいい作品だと思います。
台詞や途中のダンスの歌とか皮肉っぽいのがポイント。
それでいて最終的には家族愛を語っている所が憎い。

B級映画・馬鹿映画と割り切って観る分には十分楽しめます。
CG合成は流石はWBって感じで、よく出来てます。

大人から子供まで楽しめるってのはこういう映画の事なのかな?っと思わせてくれます。
ボケーっと観て現実逃避するにはいい映画かとww

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック