マフラー監視装置(w

HHの車は車高が高いとは言えない感じの車です。
ゆえに、よくマフラーを縁石に引っ掛けて壊したりマフラーを縁石に引っ掛けて壊したりマフラーを縁石に引っ掛けて壊したりとかします(爆
な・の・で、そんな事にならないように「マフラー監視装置」を付けてみました!



ま、要はバックカメラって奴です、俗に言う。
教習所で散々練習したにもかかわらず、うまいこと車庫入れが出来ない軟弱な奥様方が欲しがるアレです。
だが、HHはそれをそんな事には使わないZE!
これはあくまでコインパーキングでマフラーや触媒を接触から守るための装置なのです!
なのでデフ付近(もちろんデフに直接では無いですよw)のフレーム部分につけてみた。
画像

カメラは視野角134度とかなり広範囲なので、マフラーのタイコ部分も含め車の下部が良く見えます。
画像

ナビがカロッツェリアなのにパナソニックのカメラにしたのはこれまた意味ありで、店頭のバックカメラデモ(スイッチで切り替えたりして見れるやつ)で、手で覆って暗くしたときに、一番明るく写っていたのがこの「CY-RC50KD」だったってワケです。

これまた取り付けは自分でやったんですが、これはトランク側に本体を設置するのがベターですね。
映像ケーブルだけナビまで伸ばして、あとはトランクの内側に隠してしまう感じで。
カメラは、トランク内右側にゴムの栓がしてある穴があったのでそこから通しました。(S15の場合)
電源はバックランプのプラスなので、ナビのバックセンサー取ったときのケーブルから拝借。
完璧です。

で、このバックカメラの難点は車庫入れの際に用が無くてもついモニターを見てしまうって事かなw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック