トロイ

ブラッド・ピット主演のアクション映画「トロイ
今回はコレを観たので感想でも。

ま、極論は普通に観れましたって所か。(大雑把すぎw)

▼ネタバレ注意

栄誉、権力、女、信仰
これがなにやら複雑に絡み合って進行していくお話。

内容を理解しようと思ったら2回くらい見たほうがいいかも?

ギリシャ軍vsトロイの戦争映画みたいな感じになってるんですが、人名がブラッド・ピット演じる「アキレス」以外はなんっつーかとても覚えにくい長い名前だったりして、序盤は誰が誰なのかわからない感じにww

で、ま、なんちゅーかギリシャ神話とか歴史とか得意な人がみると一層楽しめるのかと。

アポロンとかゼウスとかポセイドンなんて言われて「太陽神」「全知全能」「海」なんて関連付けが出来たりすると宗教関連の部分が作品中に垣間見れるかも?

あと、トロイといえば「トロイの木馬」って、なんとなくこの単語が出てきてたんですが、この映画で「ああ、こういう事」みたいな。

あとは「アキレス腱」の由来でもあるとされるラストシーンとか。

ある程度一般教養(?)があった方が面白いのかな?なんて思いました。

とりあえず「戦争の理由はいつの世もくだらない事」なんて感じる映画だったり。
結局最後は戦争の引き金でもあるパイレーツ・オブ・カリビアンでもおなじみ「オーランド・ブルーム」演じる「パリス」だけが生き延びてるあたりもポイント。

「若い兵士は死に、老人が笑う」みたいな表現があったが、いつの世もこれはゆるぎないんだなぁ…なんて思ったりもして…

なんだかんだで結構考える映画かも?

「豪華さ、壮大さ、エンターテイメント、全てを兼ね備えたアクション・スペクタクル超大作」

なんてキャッチコピーだけに見所はあります。
ただ、この手の雰囲気とかダメな人はダメかもね…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック