モンスター・ハウス

モンスター・ハウス

制作年度:2006
制作国:アメリカ
出演:ミッチェル・ムッソ[声優]
監督:ギル・キーナン
制作総指揮:スティーブン・スピルバーグ/ロバート・ゼメキス
製作:スティーヴン・スターキー
脚本:ダン・ハーモン/ロブ・シュラブ


いや、コレはなかなかスゴイんじゃないかしら?
CGアニメもここまで来たか、って感じのクオリティ。

アニメなので一見お子様向けにも思えますが、内容的にはブラックな部分が多く大人向け。
ベビーシッターの実態っぽい感じとか国家権力の使えなさとかww


▼ネタバレ注意

12歳の少年DJは、向かいの家をずっと怪しんでいた。それは、家の住人ネバークラッカーが、家に近づく事をひどく嫌い、敷地に入ったオモチャをも全て取り上げられてしまうからだ。「この家には何かある」と睨んだDJは、ある日、親友チャウダーと真相を探ると、なんとその家は生きていた!!でも大人は誰ひとり、信じてはくれず、優等生ジェニーを仲間に加え、彼らは町を守るため、意を決して"モンスター・ハウス"に挑んでいく…。

(↑※楽天ブックス モンスター・ハウス デラックス・コレクターズ・エディション ストーリー解説より抜粋)

ハロウィンの日が舞台なので日本人にはしっくり来ないかもしれないが、「お菓子を貰いに来た子供が家に食べられたら大変だ!助けなきゃ!」みたいな感じで話が進みます。


っとまあ、こんな感じなんだが、キャラの表情や動き、背景のライティングに至るまでよく作られてる。
設定はかなり無茶な感じで突っ込みどころも多いが、なんかボケーっと見ながらなんとなく楽しめる作品でした。
時間も91分と長くも短くも無く手頃かと。

今回はDVDで観たんですが、CGとか結構いい感じなのでBD版を観てみたい気がした作品でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月16日 00:26
久しぶりにお邪魔します☆
私はこの映画、劇場で見ました!
思っていたほど怖くはなかったのですが、意外にブラック内容で(^^;)
ちょっとびっくりしたことを覚えています。
あと、最後に爆破してそれで終わりって…それでエエのか!?ってツッコミました(笑)

この記事へのトラックバック