スパイダーマン




買っちゃいました。
BD(ブルーレイディスク)のトリロジーBOX。

HH初のBD購入です。

PS3を買って早1年。
この1年でずいぶんBDのラインナップも増え…っと言いたいのですが、実際には全然伸びません…
ラインナップも全く増えてないし、いったいどうなってるんだ!っと…

っちゅーのも次世代ディスクがHDDVDとBDでシェアを争ってるからなかなか出す方も出せないし買うほうも買えないんでしょうね…

あと、フルスペックハイビジョンテレビがあまり普及していないのも伸び悩みの原因かと…

で、ふと思ったんですが、こんな事してるとその間にどんどん技術が進歩してBDもHDDVDもいらない新たなメディアが出てきちゃうんじゃなかろうか?っとww

今、メモリーカードがどんどん小さく薄くなって容量アップしてるからね…
実際ディスクメディアよりも場所とらないし…

そのうちCDもDVDもBDもHDDVDも無くなってSDカードの時代になっちまうんじゃなかろうか…っと。
SDカードとかなら円盤を回す必要が無いのでモーターの劣化とか機械的なトラブルも無いだろうしね。

機械的トラブルといえばウチのLDプレーヤー、2台あったんですが2台とも動かなくなりました。
電源は入るんだけどディスクが回らないという。
うん、モーターとかなんだろうね、きっと…

やっぱりディスクメディアではなくカードメディアの時代が来ちゃうような気がするww
結局ディスクに入っているのはデジタルデータで、読み込んだ後にメモリに入れるわけだからレコードと違って円盤回す必要まったく無いからね。


ま、そんな事はさておき、せっかくなのでBD映画の感想でも。

ってか感想は映画館で見たときとさほど変わらないのでこっちでww


▼HHのホームシアター環境


シャープ液晶AQUOS LC-52GX2W


YAMAHA 5.1chホームシアターシステム TSS-15


プレイステーション3 (20G)


まず、映像の繊細さを確認する上でこの「スパイダーマン3」はPS3本体とセットになってる奴もあるくらいなだけあって、もってこいの素材。
そう、敵で出てくる「サンドマン」を見ればその繊細さは一目瞭然!
鮮明画像でございます。

音に感しては残念ながら観たのが夜だし、大音量には出来なかったのでなんともいえない所w
今度は明るいウチにでも派手に大音量で見てやろうかとw

ただ、鮮明・繊細といっても見るのは人。
最近視力が低下しているHHの裸眼にはもったいないスペックかとも思ったり(汗

その昔「コンポジットとS端子じゃ全然画像が違う!」とかってインタレースの映像差で一喜一憂していた頃が懐かしいね…


とりあえずmpeg特有のブロックノイズはもちろんの事ながら無い。
コレだけでも十分映像的には鮮明さが違う。

ま、大雑把に例を挙げるとこんな感じ(イメージです)

画像←BD

画像←DVD


そりゃ1920×1080と740×480じゃ違うわな…

DVD見てるときはたいして気にならなかったけど、やっぱBDで見た後に同じモノ見ると気になっちゃうかも…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック